【備忘】暴落に対する備えと考え方について

スポンサーリンク

こんにちは、あるぱかです

今回は株の暴落に対する考えをまとめるために書き留めていきます

今回の暴落に伴う影響ですが、損出しを行い損失を確定した分が18万円、

含み損は現時点で18万円となっています。

合計36万円の損失です。

21日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が3日続落し、週間の下落率が6.9%安に達した。下落率はリーマン・ショック直後の2008年10月以来、約10年ぶりの大きさだ。
米金融政策への懸念が強まり、投資家が株式などリスク資産の保有を一斉に減らした。「国境の壁」をめぐるトランプ大統領と民主党の対立や、米中貿易交渉の先行き不透明感も株価の重荷になった。


日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3929820022122018MM0000/


リーマンショック以来の約10年ぶりの下落率ということで先週の影響の大きさが見て取れます

今回の記事はどちらかというと自分に言い聞かせる意味もあります笑

自分の目標を明確にする


私の場合はまずは月に一万円の不労所得を得ること、そして将来的には月に十万円の不労所得を目標としています

今、月単位でキャピタルゲインを得ることを目標としていません

つまりは短期的な株価の変動に一喜一憂する必要はないのです。。。

ですが難しいですね笑

株式市場における負けとは?


市場において、「損失を出してしまう」ことが目標ではありません
「市場から完全に撤退してしまうこと」が負けと考えています

まずは生き残ること
その上で重要となるのが、自分の信念を貫くこと

こういった地合いでは自分が信じられなくなり狼狽売りをしてしまいがちです


しかし、自分を信じて、自分が信じた会社を信じて株を持ち続けることが「アーリーリタイヤ」における近道だと信じています

まとめ


今回の株安においては大きな含み損を抱えることになりましたが、私は今後も淡々と購入を続けていきます
引き続き、株の時価ではなく予想配当金額を目標としていきます

また次回の購入ですが、更に下落したMOかもしくはKOの購入を検討しています
購入したら気絶します!笑

投資を始めてから、初めての暴落ということで非常にいい経験になっています

この記事が次の暴落にいかせるように、未来の自分に届くように祈りながら今日の記事を締めさせていただきます

※投資は自己判断で願います

コメント