【BTI】10万円分購入!毎月の配当額のバラつき是正へ!

スポンサーリンク

こんにちは!あるぱかです。

購入してからだいぶ経ちましたが、BTIを平均取得額31.14$で35株分(約10万円分)購入しました

BTIの株価値動き

赤〇で示した点が私が購入したタイミングです

あとで見ると偶然にしては良すぎるタイミングで購入できていますね笑(本当にマグレです)

現在36.7$ということで含み益が200$前後出ていますが、もちろん売却の予定はありません

(最近損切りばかりで利益に飢えていますが我慢します!)

BTIを購入した理由

今回ADRであるBTIを、イギリスのカントリーリスクを振り切ってまで購入した理由は3つあります

①配当利回りが税引き後でも6%を超え、リスクをとっても良い水準となったこと

②電子タバコの覇権を争っている「glo」「アイコス」「プルーム・テック」のうち、そのどれが勝っても良いように全てのタバコ会社の株(BTI, MO, JT)を購入したほうがむしろリスクが低いと考えたため

③配当の支払い月のバラつきを抑えるため

①についてはもう特に説明は不要かと思います ADRのため、BTIは現地税(米国10%)の課税なしに配当をもらえることができます 

後程、確定申告を行うことで二重課税は取り返すことができますが、そもそもその必要がないというのはありがたいです

しかも課税後の利回りも圧倒的・・・。リスクをとっても購入する水準でした

②については、ポートフォリオがタバコまみれになることで今回のようにタバコ株全体が暴落したときに大きな影響を受けます。

しかし、BTIを購入しない場合、gloがアイコス、プルームテックに圧倒的大差をつけて市場を支配したときの利益を享受できなくなります

タバコ株暴落のリスクよりもBTIのみを購入しないリスクのほうが高いと考えました

③についてはこちらをご覧ください

元々、2月・5月・8月・11月に支払われる銘柄が、ポートフォリオの中で不足していました。

今回、BTIを購入することで一年間にわたりバランスよく配当をもらうことができます

配当が平均的に得られることは、アーリーリタイヤ後を見据えたうえでも重要ですし、モチベーション的にも重要です笑

まとめ

今回、BTIを購入し配当の月々のバラつきを軽減し、gloが覇権をとった場合のリスクヘッジを行いました

あとは今回のようにタバコ暴落!となることがないように祈るのみです・・・。

まぁ暴落しても購入する株式数が増えるだけなのでただ淡々と買い付けていきますが笑

今日はこんなところで失礼します。

コメント